熊本赤十字病院へ配管内赤錆防止装置「NMRパイプテクター」の導入事例

導入の背景

熊本赤十字病院は昭和19年に創立された歴史ある病院です。 日本赤十字社の熊本支部が運営する大規模な医療施設で、令和2年現在、25の診療科と490の病床を抱えています。

7年前の築16年の時に最初に空調冷温水配管の赤錆および漏水防止のために、配管内の赤錆防止延命装置「NMRパイプテクター」を設置しました。

熊本赤十字病院
熊本赤十字病院外観

NMRパイプテクターの設置前に空調冷温水配管内を循環している水を採水し検査すると、水中の全鉄値は12.3mg/lと配管内に赤錆が進行していることがわかりました。

NMRパイプテクター設置2週間後に同条件で空調冷温水配管内の水を採水し検査を再度行うと、水中の赤錆による全鉄値は0.07mg/lと大幅に減少していました。

このことでNMRパイプテクターが、空調冷温水配管内の新規の赤錆発生を完全に停止させ、既存の赤錆を水に不溶性で体積1/10で不動態の黒錆に変化させたことを立証しました。

この結果は、2018年3月21日に発行された「空調タイムス」第2721号に熊本赤十字病院でのNMRパイプテクターの導入効果について取材記事として紹介されました。
記事中で熊本赤十字病院の小川係長は「導入後、数週間で水の透明感がわかった」とでお話されています。

熊本赤十字病院 NMRパイプテクター設置箇所
熊本赤十字病院 NMRパイプテクター設置箇所

導入概要

病院所在地熊本県熊本市
病院概要築16年、8階建、490床
NMRパイプテクター設置日空調温水系統:2014年8月4日
給水・給湯系統:2016年2月24日
NMRパイプテクター設置配管/設置数<給水系統>
(市水)高架水槽二次側給水配管(VLP管 200mm)/PT-200DS×1台
(市水)揚水ポンプ二次側揚水配管(VLP管 125mm)/PT-125DS×1台
(市水)救急棟系統給水ポンプ二次側給水配管(VLP管 125mm)/PT-125DS×1台
(井水)高架水槽二次側給水配管(VLP管 200mm)/PT-200DS×1台
(井水)救急棟系統給水ポンプ一次側給水配管(VLP管 100mm)/PT-100DS×1台
(井水)揚水ポンプ一次側揚水配管(VLP管 100mm)/PT-100DS×1台
<空調温水系統>
R2系統温水ヘッダー二次側温水往配管(SGP管 250mm)/PT-250DS×1台
<給湯系統>
貯湯槽二次側給湯配管(HTLP管 150mm)/PT-150DS×1台

効果検証

循環している空調冷温水配管内の水を「採水」し、水中に含まれる赤錆による鉄分値を計測して、その減少で赤錆・漏水防止効果を検証しました。

熊本日赤病院での効果検証
熊本日赤病院での効果検証

検体写真と全鉄値(mg/l)

設置前設置2週間後日本冷凍空調工業会による
冷凍空調機器用水質基準値

12.3

0.07
1.0mg/l以下

※検査機関:株式会社新日本環境コンサルタント