八重洲口会館への導入事例

導入の背景

八重洲口会館
八重洲口会館の外観

本物件は築50年を経過し、亜鉛めっき鋼管(SGP)を使用しているため赤錆腐食劣化がありました。

NMRパイプテクター設置前は、配管内の水の色は薄茶色に着色しており、水中の全鉄値は11mg/lと赤錆腐食が大変進行していました。

NMRパイプテクター設置1週間後には水の色はほぼ透明となり、水中の全鉄値も0.1mg/l未満と大幅に減少しました。

また設置10ヶ月後にも同様の検証行ったところ、良好な状態を維持していました。

八重洲口会館
八重洲口会館でのNMRパイプテクター設置箇所

導入概要

所在地東京都中央区
建物概要築50年、地下3階、地上10階建、オフィスピル
設置日2015年6月、8月
設置配管/設置数新館系統冷却塔二次側冷却水(往)配管(SGP管 150mm)/PT-150DS×1台
旧館系統冷却塔二次側冷却水(往)配管(SGP管 150mm)/PT-150DS×1台
冷温水(還)ヘッダー二次側冷温水(還)配管(SGP管 200mm)/PT-200DS×1台

採水による効果検証

循環している配管内の水を「採水」し、水中に含まれる鉄分値を計測して効果を測定します。

八重洲口会館

検体写真と全鉄値(mg/l)

設置前設置1週間後設置2週間後設置10ヶ月後
八重洲口会館
11
八重洲口会館
0.1未満
八重洲口会館
0.1未満
八重洲口会館
0.1未満

※検査機関:公益財団法人 宮城県公害衛生検査センター