誤りの多いネット記事を引用した消費者庁非公認の「消費者法」情報誌文を使い「怪しい」とNMRパイプテクターを誹謗中傷し刑事罪により有罪判決

「消費者法」を使用して「効果なし」「怪しい」と誹謗中傷する

 日本システム企画の製品「NMRパイプテクター」の防錆効果について、ネット上で「効果なし」「怪しい」と誹謗中傷する動きが多数見受けられます。誤りの多いネット記事Rikatanを引用して、消費者庁と関係があるような印象を与える「消費者法」が誌名に入っている情報誌上でNMRパイプテクターを「効果なし」「怪しい」と誹謗中傷する文を使用した人物が東京地方裁判所にて刑事罪により有罪判決を受けました。

 この犯人はネット上でアカウント名「Material300」を名乗り、千葉県の3棟からなる団地に住んでいました。
 団地の1棟に配管内防錆装置「NMRパイプテクター」が給水管に設置され、設置1年後の防錆効果を検証するため給水管で最も赤錆が進行する異種金属接合部をファイバースコープ(内視鏡)による検査方法で赤錆防止効果が検証されました。この検証結果から団地の管理組合総会では、残りの棟にNMRパイプテクターを追加設置する決議を全員賛成で可決しました。
 しかし翌年の管理組合理事会で理事の大半が交代し、有罪判決を受けた犯人の父親である建設関係の仕事をしている人物が修繕担当の理事に就任し、NMRパイプテクターに関し誤りの多いネット記事Rikatanを引用して消費者庁と無関係である「消費者法」情報誌上に書かれている「NMRパイプテクターは『効果なし』『怪しい』」と事実無根に誹謗中傷する文章を使用し、NMRパイプテクターの追加設置を妨害しました。
 消費者庁と無関係である「消費者法」情報誌では、ネット記事を引用したNMRパイプテクターへの事実無根の「効果なし」「怪しい」との誹謗中傷以外に、複数の製品・技術が誹謗中傷の対象になっており、消費者法の名前を利用するようなこの情報誌について消費者庁に問い合わせたところ、既に多くの似たような抗議の声が上がっているとの事でした。

 この団地では3棟の内、3号棟の給水の導入管にNMRパイプテクターが一台追加されました。
設置前に検査したところ、設置前のA室のパイプスペース内にある水道メーター(量水器)2次側の銅の合金と塩化ビニールライニング鋼管の鉄が接触する、最も早く赤錆劣化が進む継手部の赤錆閉塞率は74.0%でした。30年以上経過していない建物のため、毎年早いスピードで赤錆劣化が進んでいました。B室では同じ水道メーター2次側の給水管継手部内の赤錆閉塞率は69.4%となっており、こちらも早いスピードで赤錆劣化が進んでいました。
その後にNMRパイプテクター設置1年後に同じ条件・場所の赤錆閉塞率をファイバースコープ(内視鏡)で測定したところ、A室では72.9%になり1.4%の赤錆閉塞は縮小改善しました。B室では68.3%と変化が見られ、1.6%の赤錆閉塞が縮小改善されていました。
 更にNMRパイプテクター設置2年後に設置前、1年後と同じ条件・場所の配管継手部の赤錆閉塞率を測定したところ、A室では71.5%と設置前に比べ3.38%縮小改善しました。また、B室では赤錆閉塞率は67.3%と設置前と比べ3.0%の縮小改善を立証しました。継続した給水管内の赤錆劣化防止と体積1/10の黒錆化による配管防錆及び更生効果の検証は行われました。
 40ヶ月後のファイバースコープ(内視鏡)検査が同じ場所・条件で実施され、A室の赤錆閉塞率は70.3%と設置前と比べ5.0%と大幅に縮小改善が進みました。また、B室では66.4%と設置前に比べ4.3%とこちらも大幅に縮小改善が進み、NMRパイプテクターを使い続ければ給水管の防錆効果が発揮され建物寿命まで延命されることが検証されました。

 この検証結果からNMRパイプテクターは「効果なし」ではなく確実な効果検証結果を出したことから追加導入が議決されていたにもかかわらず、犯人の「Material300」とその父親はNMRパイプテクターの評判を落とすために団地内で元管理組合の理事であった母親を含む3名で、Rikatan内のNMRパイプテクターを事実無根に「効果なし」「怪しい」と誹謗中傷する文を引用して書かれている消費者庁非公認の「消費者法」情報誌を利用し、NMRパイプテクターの反対集会を開きました。
この犯人は父親の意向を受けネット上で数多くのアカウント名を使用し、Rikatanを引用した消費者庁と無関係の「消費者法」情報誌に書かれているNMRパイプテクター「効果なし」「怪しい」と事実無根に誹謗中傷している文章を使用し、ネット上で営業妨害行為とも言える誹謗中傷を行ったため、警察に逮捕され刑事罪で有罪判決を受けました。
公判中に犯人は罪を認め、誤りの多いネット記事Rikatanを引用した消費者庁と無関係の「消費者法」情報誌上で書かれているNMRパイプテクターを事実無根に「効果なし」「怪しい」と誹謗中傷する文を用いてNMRパイプテクターを誹謗中傷したのは、自身が住む団地への追加導入を妨害する為と証言しました。
また、ネット記事を引用した消費者庁非公認の「消費者法」情報誌上のNMRパイプテクター「効果なし」「怪しい」との誹謗中傷する文を使用する事で、ネット上でブログを見た人にNMRパイプテクターの性能が消費者庁から怪しまれているかのような印象を与え、他マンションへの検討を妨害するためと証言しました。

消費者に対し、正確な内容が伝わらないように「効果なし」「怪しい」と一方的に事実無根の誹謗中傷内容を拡散する行為は、営業妨害行為とも言えます。
上記のように、ネット記事を引用した消費者庁非公認の「消費者法」情報誌など、様々な媒体を通してNMRパイプテクターの防錆効果に対し「効果なし」「怪しい」と誹謗中傷し、誤った内容を発信するサイト・SNSの内容がありますのでご注意ください。
もし給水管の赤錆劣化及び更新工事をご検討されている場合は、いつでも日本システム企画へ直接お問合せください。