東京地方裁判所判決 NMRパイプテクター誹謗中傷 刑事事件と暗黒通信団

2021年6月18日東京地方裁判所で「NMRパイプテクター」の営業妨害を目的とした誹謗中傷について刑事裁判が行われました

2021年6月18日 裁判の様子
2021年6月18日 裁判の様子

2021年6月18日午前11時より、東京地方裁判所423号法廷にてtwitter上でMaterial300のアカウント名を用い、配管内防錆装置「NMRパイプテクター」の営業妨害を目的に誹謗中傷を行っていた、渡辺S被告の刑事裁判が行われました。 渡辺S被告は2018年1月に日本システム企画株式会社及び配管防錆装置「NMRパイプテクター」への営業妨害を目的とした誹謗中傷をネット上で行った為、2020年10月に犯罪行為として逮捕・起訴されました。 本件公判から渡辺S被告の犯罪の動機が、自身の居住する千葉県のK団地の全棟にNMRパイプテクターが導入される事を妨害する為、両親と共に小波秀雄氏作成の誹謗中傷文を使用し、集会を開いた事からその関係が想定されました。今回の裁判の内容は次の通りでした。

渡辺S被告人は起訴内容を認め、動機について発言

裁判官からの質問に対して、被告人の名前は渡辺S、住所は千葉県のK団地と答えました。そして罪状認否では起訴内容に間違いはありませんと罪を認めました。 検事から犯罪を行った理由について問われ、団地の修繕担当理事であった父親と一緒に小波秀雄氏作成誹謗中傷文を使用して、NMRパイプテクターの団地への導入反対の活動をしていた事と、NMRパイプテクターを検討している他のマンションに普及させない事が目的であると証言しました。渡辺S被告が刑事犯罪を行った背景は、次の様になります。

被告が刑事犯罪を行った背景

K団地では、築後29年の2018年2月13日に3号棟の1509号室と1101号室の給水管の量水器と配管の異種金属接合部に発生している赤錆閉塞率を測定したところ、それぞれ74.0%と69.4%の赤錆閉塞を確認しました。築後29年から計算すると、赤錆閉塞率の平均増加は年率2.5%と2.4%になります。その為、今後の赤錆劣化を防止する為に、同年の2018年2月13日に3号棟給水配管(100A)にNMRパイプテクター(型番PT-100DS)を1台設置しました。

NMRパイプテクター

配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター」
配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター」

1年後の2019年2月15日に再度、3号棟の1509号室と1101号室の同じ異種金属接合部を調査したところ、赤錆閉塞率は72.9%と68.3%とそれぞれ1.4%の減少、1.6%の減少を示しました。 何もしなければそれぞれ2.5%と2.4%の赤錆閉塞の増加が予測されていたので、合計するとそれぞれ3.9%と4.0%の改善を示した事が立証された事から管理組合は、NMRパイプテクターの配管内赤錆防止効果を確認し、2019年5月の第32回通常総会でNMRパイプテクターを未だ設置していない1号棟と2号棟の給水管ポンプ、及び1号棟から3号棟の給湯配管にNMRパイプテクターを設置する事の議案を議決しました。

全戸数450戸のK団地をカバーするNMRパイプテクターの費用は、約2,000万円となり、1戸当たりの負担金は給水・給湯配管の両方で約4.5万円となります。しかしながら総会直後に管理組合役員の大半が交代し、設備施設担当理事に建設業界と関係ある渡辺S被告の父親が就任し、NMRパイプテクターの導入を止め、給水及び給湯配管の全面更新工事をするよう活動を開始しました。 給水・給湯配管を全面更新する場合、450戸のK団地では1戸当たりの負担金は100万円以上となり、NMRパイプテクターを使用する方法より1戸当たりの負担金は95万円以上増加し、団地全体で4億3千万円以上の経費が増加する事になります。

3号棟の給水管に設置されたNMRパイプテクターの防錆効果並びに配管更生効果の検証はその後もされ、設置24ヵ月後の内視鏡調査で1509号室の赤錆閉塞は71.5%と、設置前と比較し3.38%減少、1101号の赤錆閉塞は67.3%と設置前と比較し3.0%減少しました。 そのまま赤錆劣化を放置した場合、年率でそれぞれ2.5%と2.4%赤錆閉塞は増加していますので、この2年で5%と4.8%の増加分も抑制しているので、結果として1509号室では、8.38%の赤錆閉塞の抑制を達成した事になります。同様に1101号室では7.8%の抑制効果を示しました。

継続調査はその後も続けられ、2020年6月19日にNMRパイプテクター設置40ヵ月後の内視鏡調査を行ったところ、1509号室で赤錆閉塞率は70.3%と設置前と比較し5.0%赤錆閉塞率は減少し、3年間何も対策をしていない場合に発生する年率2.5%の増加分7.5%を加え、赤錆閉塞の抑制効果は合計12.5%縮小効果が発揮されている事が検証されました。 同様に1101号室では赤錆閉塞率は66.4%まで縮小し、設置前と比べ、4.3%赤錆閉塞率の減少となり、3年間何もしない時に年率2.4%赤錆閉塞が増加する計7.2%を加え合計で11.5%の赤錆閉塞の抑制効果が確認されました。

この事から3号棟の給水管の赤錆劣化の進行は完全に停止し、配管が長期延命できる事が立証されているにもかかわらず、修繕担当の理事である父親はNMRパイプテクターの信用低下を目的に団地内で2018年3月、同氏の妻と子息である渡辺S被告の3名で、暗黒通信団の関係者である小波秀雄氏作成のNMRパイプテクターを事実無根に誹謗中傷する文章を使用し、NMRパイプテクターの導入反対集会を開催しました。

NMRパイプテクターに対する誹謗中傷

東京地方裁判所
東京地方裁判所

渡辺S被告はNMRパイプテクターに対し、2018年1月よりtwitter上でMaterial300のアカウント名を用い誹謗中傷行為を開始しました。また、「アメーバブログ」「FC2ブログ」「Yahoo!知恵袋」でも当社への誹謗中傷を行いました。さらに2019年3月に渡辺S被告は、「エキサイトブログ」でNMRパイプテクターの誹謗中傷ブログを立上げました。いずれのブログでも、NMRパイプテクターを誹謗中傷するのに小波秀雄氏作成の文章が使用されました。 この様に、渡辺S被告に資料を提供した小波秀雄氏は、2019年5月、暗黒通信団の主要メンバーである左巻健男氏編集の「理科の探検」にNMRパイプテクターを誹謗中傷する記事を書くなど、継続して誹謗中傷活動を行い、渡辺S被告と連帯してNMRパイプテクターの営業妨害的活動を行ってきました。 K団地の修繕担当理事で、NMRパイプテクター導入に反対し配管更新工事を推進しようとしている父親が、講演をするなどの関係がある日本技術士会千葉県支部には、暗黒通信団関係者の小波秀雄氏と兄弟の小波盛佳氏が所属しており、同氏が主導して日本技術士会千葉県支部の名称を使い、2019年7月にネット上でNMRパイプテクターの誹謗中傷に当たる見解の発表を行いました。 この千葉県支部の文章は、すぐに日本技術士会本部の指示で削除されましたが、この様に暗黒通信団、日本技術士会千葉県支部、及び渡辺S被告とその父親との連携による一連のNMRパイプテクターに対するネット上の誹謗中傷行為は、全てK団地におけるNMRパイプテクター導入を妨害し、配管更新を行おうとしている事と深い繋がりが有ると言えます。

被告による3点の偽証

なお、今回の東京地方裁判所での公判で、渡辺S被告は裁判官の前で次の3点につき偽証を行いました。

  1. K団地へのNMRパイプテクターの導入は終了しているので、今回の犯罪行為は他のマンションへの導入を妨害する事が目的でしたと証言しましたが、事実はNMRパイプテクターを試験的に1台導入し、本格的な団地への導入はこれからであり、この導入を妨害するのがこの犯罪の主目的と言えます。
  2. 渡辺S被告は、犯行の動機として自身のメリット(利益)は無いと証言しました。しかし事実はNMRパイプテクターを使用すれば団地3棟の給水管、給湯管の延命にかかるコストが2千万円程度に対し、父親が主導する配管更新ですと4億5千万円かかりその見返りは相当の金額が期待されます。また、団地の積立金は配管更新費には不足となり、4~5億円の借入金が必要とされますので、渡辺S被告が勤務していた金融機関で融資する機会もあったのではと推測されます。
  3. 渡辺S被告は被害者である日本システム企画に対し、謝罪しましたと証言しました。しかし事実は、渡辺S被告から当社への謝罪は一度もありませんでした。また、犯罪行為を反省してNMRパイプテクターへの誹謗中傷ブログは全て削除しましたと偽証しました。事実は警察に逮捕された後、当社の調査で次々と「アメーバブログ」「FC2ブログ」「Yahoo!知恵袋」での匿名での誹謗中傷書込みが、渡辺S被告が作成したものである事の証拠を提示してから削除したもので、反省は全く無いという事が確認できます。

渡辺S被告をサポートする暗黒通信団

渡辺S被告が警察に捕まり「Material300」のブログはネット上から削除されましたが、その「Material300」のブログを暗黒通信団の天羽優子氏は現在もホームページ上で現在も公開を続けています。